満腹で体重を減らす方法

スポンサーリンク

266

ダイエットをする際に、炭水化物カットをしたりすると空腹をこらえるのが大変です。

そして、我慢しているから反動で食べてしまい。

リバウンドしたりします。

おなか一杯食べても痩せるために

置き換えダイエットという方法があります。

ご飯などの炭水化物をカットする代わりに、

他のものをいっぱい食べるのです。

お勧めのものとしては、豆腐です。

ご飯の代わりに豆腐を一丁食べると、男性の方でも満腹感が得られます。

おなかが空いていたら豆腐は、いくら食べても大丈夫です。

もっとも、2丁も食べれば、大抵は満腹になりますね。

豆腐は、良質なタンパク質をたくさん含んでいるので

脂肪代謝に必要なたんぱく質を補給するためにも良いです。

そうです、脂肪を代謝するためには、たんぱく質を取らなければならないのです。

でも、お肉でたんぱく質をとると、お肉の脂肪分で太ってしまいます。

ダイエットにお勧めの肉は、鳥のささ身です。

これは、ボディービルダーなどが

脂肪を一気に減らす際に、鳥のささ身でたんぱく質を取るようにしたりしています。

豆腐と共にお勧めなのがキャベツです。

毎食の最初にキャベツをどんぶりいっぱい食べてから

他のものを食べるようにするととにかくおなかいっぱいになりますし

炭水化物を取る量を減らしても満腹感は得られます。

なお、豆腐やキャベツとの組み合わせとしてお勧めなのが

グレープフルーツです。

キャベツばかりでは飽きてしまうので、豆腐との組み合わせで、グレープフルーツを半分食べたりすると良いです。

病院の短期ダイエット方法で、

豆腐一丁とグレープフルーツ半分を毎食食べる

というダイエット方法もあります。

ダイエットは、インシュリンの急激な上昇を招かないような、食事法をとりつつ、

炭水化物を減らして、豆腐やささ身などで良質なたんぱく質をとりつつ

キャベツやグレープフルーツでビタミンを補給して行くのが

健康かつ綺麗に痩せるために重要なことです。

今まで言っていることの一部をやるのではなく

ダイエットに必要なことを全部やると言うのが良いです。

次は、お酒と肥満との関係

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索