炭水化物ダイエットをするときの注意!

スポンサーリンク

炭水化物ダイエットをするときでも、炭水化物は、完全にカットしてはいけません。

e51m_7679

炭水化物は糖質と繊維質とからなり、この糖質は人間が活動していくときに必要とされるエネルギーになります。

炭水化物を完全にカットすると、体は必要な糖分を筋肉のたんぱく質を分解して補給するので、筋肉が減ってしまいます。

脂肪を代謝するのは筋肉ですから、筋肉が減ると脂肪代謝が悪くなってやせにくくなります。

糖分がなか不足したら、脂肪を分解して糖分にしてくれれば都合が良いのですが、脂肪を分解するのには時間がかかるため、手っ取り早い筋肉を分解させて、糖分を得るという仕組みになっているようです。

このためダイエットのために、余分な糖分を取らないように炭水化物の摂取量を減らすのは良いのですが、体が動くために必要な最低限の糖分に相当する炭水化物は取らなければなりません。

また、脂肪代謝するためにはたんぱく質が必要ですので、炭水化物は減らしてもたんぱく質はいつもより多めにとる必要があります。