スポンサーリンク

痩せ菌とデブ菌って本当にあるの?

デブ菌とヤセ菌って本当にあるの?

痩せ菌デブ菌って、最近のダイエット商品でよく聞きますが、そんなものが本当にあるのでしょうか。

実は、従来からあるのの呼び名を変えただけで、痩せ菌という名称の菌があるわけではありません。

結論から言うと、腸内細菌の話なんです。痩せ菌とは、腸内細菌の善玉菌を、デブ菌とは腸内細菌の悪玉菌のことを言っているのです。

善玉菌には乳酸菌。ビフィズス菌やアシドフィルス菌などがあります。

善玉菌は悪玉菌の発生、増殖、定着を阻害し、感染予防や、有害物質の排泄の役に立ちます。

一方、悪玉菌には、ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などがあります。

悪玉菌は、下痢や便秘を起こして肥満の原因になるだけでなく、腐敗物質を作り出して、老化を促進させたり、体臭が臭くなったり、発がん性物質を作り出して癌の原因にもなります。

腸内には、このような善玉菌、悪玉菌の他に日和見菌というものもあります。

日和見菌には、バクテロイデス、大腸菌(無毒株)、連鎖球菌 などがあり、善玉菌が多い時は悪さをしません。しかし、悪玉菌が多くなると、悪玉菌に加担して有害な作用を及ぼすことがあります。

腸内は、このような善玉菌、悪玉菌、日和見菌がそれぞれ集まって群れを成してお花畑のようになっており、これを腸内フローラと呼んでいます。

腸内フローラの善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合は、「善玉菌20%:悪玉菌10%:日和見菌70%」が理想的な割合と言われています。意外と日和見菌が多いですね。

善玉菌が増えると痩せる理由

腸内細菌の善玉菌が増えれば、便秘が解消されて、お通じが良くなるので、便秘が原因で太っている人は痩せると思います。また、腸内環境が整うことにより、食欲が正常に保たれ食べすぎることがなくなるので痩せやすくなると言われています。

となると、痩せることは確かですが、コマーシャルでよく言われている脂肪を食べてくれる菌がいるというのは、ちょっと眉唾物だと思います。

そんな菌はいないのではないでしょうか。

もっとも、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことができれば、健康を保つことができ、痩せることも可能ということには嘘はなさそうです。

以前、すごく口の匂いの気になった人が、その後胃がんで亡くなりました。

悪玉菌が悪さしていたのだろうかと思いました。

善玉菌は、こういう悪玉菌を排除して、腸内環境を整えてくれるので、ダイエットという目的だけでなく、健康維持の目的のためにも、増やす努力は必要です。

それでは、善玉菌、悪玉菌が増える条件とはどんなものなのでしょう。

悪玉菌の増えやすい環境

タンパク質は悪玉菌を増やします。

よって、肉ばかり食べていると腸内の悪玉菌が増えやすくなります。

善玉菌を増やす方法

善玉菌を含んだ食品を取りましょう。

乳酸菌やビィフィズス菌の含まれている発酵食品を取ることが効果的です。これには、ヨーグルト、チーズ、納豆・ぬか漬け・キムチなとが挙げられます。

なお、乳酸菌は腸の中で時間をかけて増殖するため、毎日ヨーグルトを食べたりする習慣を作ることは効果的です。

また、納豆は腸内で善玉菌として働き他の善玉菌を増殖させ、悪玉菌を減少させる作用があります。

善玉菌の餌となる食品を食べましょう。

善玉菌は食物繊維やオリゴ糖を餌として増殖します。

食物繊維は、野菜・穀物・イモ類・海藻類・きのこ類などに含まれます。

オリゴ糖は大豆・バナナ・ゴボウなどに含まれます。

また、善玉菌は食物繊維・オリゴ糖の摂取には、特定保健用食品を利用するのもひとつの方法です。

善玉菌を増殖させるサプリ

サプリ関係でここ数年話題になっているのが、KOMBUCHAです。

KOMBUCHA生サプリメント

なんか、ネットで痩せ菌、デブ菌とか言って、派手に宣伝しているし

モデルが、これを飲むだけでものすごく痩せるなどと宣伝しているので

ちょっと、眉唾な感じで見ています。

いや、そのモデルジムにも通って、結構トレーニングもしてるだろう。インスタに書いてあるぞなどと思っています。

しかし、実際、腸内細菌の善玉菌を増やしてくれるので、便秘も解消して、腸内環境がかなり良くなるので、ダイエット効果もあるでしょう。

名前がコンブチャというと昆布のこぶ茶と誤解しそうですが、40年前ぐらいにはやった紅茶キノコと同じです。

(参照:https://t.co/hGJ7kkMqYh pic.twitter.com/vDGsKIYbyn)


(参照:https://twitter.com/ayaka_yayachan/status/1145237569912750086)


(参照:https://twitter.com/ropross/status/1146380509376704517)


(参照:https://twitter.com/Duvel_SS/status/1147113634042019840)

実は、酵素ドリンクなんて言うものは数多くありますが、酵素は胃酸で死んでしまうのでなかなか腸まで届きません。だから、飲んでもたいして効かないというものは、酵素が効かないというのではなく。生きた酵素を腸まで届けられないからということが多いのではと思います。

KOMBUCAの主成分は酵素・酵母・乳酸菌ですが、熱に弱く酸にも弱いので、48℃以上の熱を加えない特殊製法を用いて、さらに胃酸にも溶けない特許製法のカプセルを使用して、そのまま腸まで届くような工夫をしているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索