スポンサーリンク

ケトジェニックダイエットの効果的なやり方とは?

ケトジェニックダイエット効果的なやり方

最近ケトジェニックダイエットが話題ですね。

糖質をカットし、脂肪を燃焼させてダイエットするこちらのケトジェニックダイエット(略してケトダイエット)ですが、食べていい食品と、ちょっと食べていい食品と、食べてNGな食品とかなり制限されていて、ちょっとめんどうです。

ただ、きちんとやれば短期間で大幅に体重を減らすことに成功したといくつかの論文で発表されていますので、とても興味深いダイエット法です。

そこで今回は、ケトジェニックダイエットのやり方についてご紹介したいと思います。

ケトーシス状態にする

ハリウッドスターが短期間でダイエットに成功したことから、ケトダイエットは大きな話題となっていますね。

糖質の代わりに脂質を分解させてエネルギーに変える『ケトーシス状態』にならなければ、ダイエット効果は期待できません。

ちなみに、ケトーシス状態になると、自分の吐く息がツンと鼻をつく臭いになったり、口の渇きの症状があらわれるそうです。

もっと簡単に今の自分がケトーシス状態かどうかを判別するには、息を吹きかけてケトン体濃度を調べる機械がアマゾンで売られているので試してみるといいです。

『ケトーシス状態』になるまでには、少なくても数日ほどかかります

ケトーシス状態になるまでは、糖質の摂取量を1日50グラムまでに徹底的に制限しなければなりません。ちょっと大変ですね。

ケトダイエットで食べていいものとだめなもの

ケトジェニックダイエットでは、脂肪と限られた量のたんぱく質を摂取します。糖分とでんぷん質は徹底的にカットするので、ほとんどの炭水化物はNGです。

食べていいものは、肉、魚介類、卵やでんぷん質を含まない野菜や等。果物やナッツ、乳製品等も少量ならOKです。

食べていいかどうか悩む食品もあると思うので、こちらのサイト『ケトジェニックダイエットを試す前に知っておくべき6つのこと』が分かりやすかったです。

よかったら参照してみてくださいね。


(参照:https://twitter.com/9Jhhc/status/1145196372515098632)


(参照:hhttps://twitter.com/yokomakumari/status/1148420150489579520)

スランプ時はチートデイ

ケトダイエットをある程度続け体重が減ってきても、ある時まったく、体重が落ちないスランプがやってきます。

そういう時は、思い切って『チートデイ』を設けるといいです。cheat(チート)とは、騙すとか、不正をするという意味です。

チートデイには、今までガマンしてきた糖質を普通に摂取します。ただし、できればカロリーは控えましょう。

チードデイを設けることにより、がんばっても体重が落ちないというスランプや食べたいものをガマンするというストレスからいっとき開放され、またケトダイエットをがんばろうという気になります。

チートデイの次の日からまたケトダイエットをはじめれば、1~2日でまたケトーシス状態に戻るので、安心してください。

スランプやストレスを感じたら思い切って『チードデイ』を設けてみてはいかがでしょうか。

なお、ハリウッド女優のヴァネッサ・ハジェンズもケトジェニックダイエットを取り入れて、スリムな体型を維持しているひとりです。彼女もストレスがたまったときは『チードデイ』を摂っているそうですよ。

→別記事『ヴァネッサ・ハジェンズのケトジェニックダイエット公開レシピ』

みなさん、上手にチートデイを使ってケトジェニックダイエットをしているようです↓↓

(参照:https://twitter.com/buruburudiet/status/1147673452557455360)


(参照:https://twitter.com/blackcat_tos/status/1148076201937756160)

カロリー不足に気をつける

ケトジェニックダイエットで、注意すべきことはカロリー不足です。

ケトダイエットはまったく炭水化物やでんぷんを摂取できないので、その代わりにたくさんの肉や魚等をたくさん摂取しなければなりません。

そのため食費もたくさんかかります。

知らず知らずの間に、ケトダイエットというよりカロリー不足すなわち栄養失調で体重が落ち健康を害することがないように注意したいですね。

脂質70%、たんぱく質20%、糖質5%を目安に栄養不足とならないように気をつけましょう。

まとめ

というわけで、今回は話題の『ケトジェニックダイエット』のやり方についてご紹介いたしました。

糖質を徹底的にカットするのは、慣れないうちはけっこう大変ですが、習慣化し『ケトーシス状態』にしてしまえば、短期間で体重を減らすことが出来ます。

食べてOK、食べてNGの食品を知って、栄養不足とならないように上手に『ケトジェニックダイエット』を行ってくださいね。

なお、ケトダイエットについてまた不安な方は、別記事『ケトジェニックダイエットとは|メリットとデメリット』も読んで頂ければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索